N2O エコ

Tier 0 - 積極的に宣伝された言語(SML、Haskell、Erlang):

O1 エコ

O1 エコは、標準ML N2O実装です。 標準MLは、正式に定義された操 作セマンティクスを持つ認証言語です。 ここでは、INetSock.TCPが 生成したアクセプタを持つ単純なCMLループです。 TCPサーバー内の N2Oプロトコルを処理するのに十分シンプルです。 O1 エコは、基本 WebSocket接続と基本アプリケーションサーバー(N2O)を提供します。

O3 エコ

O3 エコは、Haskellプログラミング言語用のN2Oプロトコルを導入 しています。 WebSocketと静的HTTPサーバー(N2O)によって駆動 されるHTML5サンプル(SAMPLE)とともに、HaskellのNitro Web Framework(NITRO)を完全に実装しています。

O7 エコ

O7 エコは、銀行、メッセージング、プラットフォーム 開発のためのエコシステム、フルスタック仕様、実装 を定義します。 アプリケーション、プロトコル、プロ セス、サービス、およびストレージを拡張する方法 を指定します。 高速、低遅延MQTT、TCP、QUIC、UDP、 およびWebSocketアプリケーションに対応このバージ ョンのN2O エコは、ビジネスプロセス管理(BPE)、 Nitro Webフレームワーク(NITRO)、WebSocketおよ びMQTT接続性(N2O)、REST フレームワーク、高速で シンプルなパッケージマネージャ(MAD)、API開発用 のタイプ駆動型BERTパーサジェネレータ、スケー ラブルデータストレージ(KVX)などが含まれます。


Tier 1 - 実験的実装(Coq、Agda、Lean):

O29 ECO

O29 ECOはCoq N2Oの実装です。 Coq実装のユニークな特徴は、 O29 ECOがMLTT言語で実装されていることです。

O4 ECO

O4 ECOはAgda N2Oの実装です。 Agda実装のユニークな特徴は、 O4 ECOがMLTT言語で実装されていることです。

O53 ECO

O53 ECOは将来のリーンN2Oの実装です。